ammichimot’s diary

好きなものに囲まれて生活したい Pentax K-01/Fujifilm X-T1/fender Mustang/Apple/mac mini/MacBook Pro 13,1/senkawos

フルサイズからAPS-Cに戻ってきて。

PENTAX K-1からFUJIFILM X-T1にメインカメラを変更し3週間たった。

 

いうても、フルサイズを一年近くボチボチ使って来た自分としては、APS-Cに満足出来なくなっている可能性があるのではと少し思っていた(ほんとちょっと)。

もう一つはAF。K-1は位相差AFでX-T1はコントラストAF。一般的には速度は位相差AFが優位。大丈夫だろうか。

-結論-

まったく問題なし。

僕の目ではまったく遜色なし。写りに関しては、むしろ色再現や正確なWBな事もあり、X-T1の方が良いと感じることも。

解像に関しては勝負にならないだろうが、大きく引き伸ばしたり、等倍で比較したりしないとわからないと思う。

最近Twitterで「どっちが一眼、どっちがiPhone(コンデジ)」みたいな極悪クイズが出される事があるが、マジで解が半々に分かれます。

パンフォーカスで撮った絵に関してはもはや違いなんぞわからないのです。

そしてAF。これも十分に早い。コントラストAF独自の前後にフォーカスを振ってから合わせる動きはあるが、ストレスはあまり感じない。

コントラストAFは精度も良いしね。そもそもPENTAXのAFと比較するのは反則

しかもこのレンズXF 35mm F2が良いですね。開放から収差も気にならず、クリアに写る。AFも静かだし(PENTAXジーコジーコに慣れてるので)最高。

懸念だったEVFも慣れたし(調子良いヤツですんません)唯一と言っても良い不満点はバッテリーの持ち。

操作に慣れない事もあり、色々いじっていると写真を撮っていなくてもバッテリーがなくなってしまうこともあり。普段使いには良いけど、旅行の時なんかは予備2つくらいないと精神衛生に支障をきたしそう・・・